くらしNOTE
愛犬との暮らしや、旅行・お出かけの記録
お出かけスポット

【お出かけ】観光列車「etSETOra(エトセトラ)」から瀬戸内海を眺めて。レポート&感想

 

広島から尾道の間を、瀬戸内海を眺めながら、ゆったりと電車の旅を楽しめる観光列車「etSETOra(エトセトラ)」に乗車しました!

その様子や感想を綴っておきたいと思います。

 

観光列車「etSETOra(エトセトラ)」の概要

海と波をイメージした外装

2両編成で濃紺×白でカラーリングされたシックな電車が、広島駅のホームに入ってきました。

瀬戸内の海を表す青、そして波を表す白を使って、穏やかな瀬戸内の海をイメージしているとのこと。

観光列車エトセトラ

 

ロゴマークはゴールドで高級感も♪
etSETOra(…等という意味)の「SETO」が「瀬戸」を表しているんですね。観光列車エトセトラ

 

運航ルート

etSETOraは、広島⇔尾道間を往復しています。
9:32に広島駅を出発する往路コース、14:38に尾道駅を出発する復路コースがあります。

※2021年10月2日より復路の運行ルートがこちら↓に変わったそうです

私は広島から尾道に向かう往路コースを利用しました。

運行日は月曜・金曜・土日祝日となっています。

◆往路コース
9:32発 広島 →10:23 呉 →11:13 安芸津 →11:26 竹原 →11:37 忠海 →12:18 三原 →12:32 尾道

◆復路コース
〈平日〉
14:38発 尾道 →14:54 三原 →15:18 忠海 →15:29 竹原 →15:43 安芸津 →16:37 呉 →17:22 広島

〈土休日〉
14:38発 尾道 →14:54 三原 →15:18 忠海 →15:29 竹原 →15:43 安芸津 →16:37 呉 →17:35 広島

 

 

いざ、乗車!車内の様子は…

シックな内装に心ときめく

まず1号車は、オレンジのシートが印象的になっています。
車内のライトやカーテンも、シックな雰囲気をアップさせていますね。エトセトラ 車内

4人が向かい合う座席や、海を眺める向きにあしらわれたカウンタータイプの座席もあります。山側は向かい合う2人席となっていて、バーカウンターもこちらにあります。エトセトラ 座席表

対して2号車はグリーンのシート。エトセトラ 車内

↓海側の4人席が1号車とは違って、カウンター型のテーブルを囲むような座席の配置になっています。(2-4-A~D、2-6-A~D)

私が見たときは、AとB、CとD、という感じで、2人組が一緒のテーブルを使うような形で座っていました。エトセトラ 座席表

私は残念ながら海側の席を予約できず…山側の2-1-A&Dを2人で確保しました。

ソファの座り心地は、硬すぎず、柔らかすぎずGOOD!
Wi-Fiもあり、座席にはUSBポートもあり、スマホの充電も大丈夫でした。

 

 

発車前に配られたもの

発車前に「エトセトラ 記念乗車証」が1人1人渡されました。
仕切っているアクリル板にもロゴマークが入っていたので、さりげなく一緒に記念撮影。↓
エトセトラ 乗車証

 

さらに、ロゴマークで作られたコースターも。↓
写真では分かりづらいですが、ゴールドでキラキラしています。
記念になって嬉しいですね。もったいなくて使えませんでしたww
エトセトラ コースター

 

広島駅を出発!
ホームでは駅員さんが手を振って見送ってくださいました。子どもに戻ったように手を振り返しちゃいました~
エトセトラ 出発

 

 

車内販売&車窓から瀬戸内海を眺める

車内販売では何が売られている?

スタッフの方が車内販売のメニューを座席まで持ってきてくださいました。
ざっと見た感じ…広島駅のお土産屋さんで見かけたものが多かったかな?

そして、車内販売限定のオリジナルグッズもあり、「木製コースター」「木製キーホルダー」「ランチトート」も販売しています。↓

エトセトラ車内販売

 

朝から急いで駅に向かったので、コーヒーが飲みたかった私。

↓宮島の伊都岐珈琲だったのですが…ティーパック型だったせいか、香りもいまいち無くて、ちょっぴり残念。。(ちゃんと淹れれば美味しいのだと思います)
エトセトラ車内販売
ま、コーヒーの味より、この雰囲気でコーヒーをいただくことを楽しみましょう。

 

 

窓から見える景色

なんといっても海沿いを走るコースなので、窓からは瀬戸内の海や島を眺めながら、ゆるりとした時間を過ごしことができます。エトセトラ 窓から見える景色

コースの途中、眺望の良い場所で、少しだけ止まって撮影タイムもありました。

↓こんな風に海ギリギリを走っている場所も。
エトセトラ 窓から見える景色

お天気にも恵まれて、青い海と空…最高です。エトセトラ 窓から見える景色

 

山側の車窓は、こんな感じ。少しだけ紅葉も見ることができました。エトセトラ山側の景色

 

ときどき止まる小さな駅には、小さな券売機、1台だけの改札口、降車時の切符回収箱などが見えて、なかなか見られない景色なので、思わずパチリ。エトセトラ 窓から見える景色

 

尾道が近くなってきたところで、車内販売を担当していたスタッフの女性が、記念写真撮影をしてくださいました。パネルを持って記念の1枚。エトセトラ記念撮影

 

 

乗ってみた正直な感想

実は私は、これが「観光列車初体験!」だったのです。

一緒に乗車した母は、私から見ると結構マニアックで、電車好きなので、アチコチの観光列車に乗っているのですが、

彼女は不満だったよう…

なぜなら、観光列車と言えば、途中駅で盛大なお出迎えやサービスがあったりするらしいのですが、そういったものは全くありませんでした。

強いて言うなら、途中1か所撮影ポイントとして止まってくれたこと…かな?

まぁ、乗車料金もお手頃価格のようなので、気張らずに乗れる観光列車という感じでしょうか。

 

 

それと、実は今回の座席予約、前日の夕方ギリギリに取ったんです。

というのも、事前予約では席を確保することができず…諦めきれない電車好きの母が、前日にみどりの窓口にダメ元で行って、キャンセルされていた席をなんとかゲットしたのです。

そのためもあって、座席が山側になってしまいました。仕方ないが。

↓山側の座席から海側の車窓を見た景色
エトセトラ 山側の席

途中、座席を立って、乗車口ドアの窓から撮影することができたので良かったですが…やっぱりオススメは海側の座席です。

 

 

そして、前日の座席予約だったため、本当は欲しかった車内サービスのスイーツを予約できませんでした…(有料、乗車の3日前 15:00までに事前予約が必要です)

これも仕方ないですが、ちょっぴり残念でした。

 

 

いずれにせよ、記念すべき私の「観光列車 初体験」は、
ゆるりと海を眺めながら、母と一緒にオシャベリしながら…贅沢な時間を過ごすことができました!

◆観光列車「etSETOra(エトセトラ)」
ホームページ
https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_hiroshima/etsetora/

 

シースピカ
【お出かけ】瀬戸内海クルーズ 観光船「SEA SPICA シースピカ」に乗ってみた!レポート&感想瀬戸内海の島々を、ゆるりと船で巡れる新しいクルーザー「SEA SPICA(シースピカ)」に先日乗ってきました!その様子や感想をブログに綴っておきたいと思います。...

 

 

ABOUT ME
くらしNOTE
大好きな家族・愛犬との暮らしや、旅行・お出かけの記録を楽しみながら綴っていきたいと思っています。